il mio blog |

月島あたり


L1003643.jpg
ウオーターフロントに立ち並ぶ高層ビル。

L1003624.jpg
本当にもんじゃ焼きやさんが並んでいるんですね。

L1003629.jpg
ひょっとこのお面なんて久しぶりに見たので撮っていたら、綺麗に髪を結った年配のご夫人に
「そんなに珍しい?』と笑われました^^。

L1003611.jpg
若いパパと男の子の後ろ姿にじ〜んときました。

Category :
Posted by un giorno on  | 7 comments  0 trackback

7 Comments

sacra-fragola says...""
こんばんは。
月島に行かれましたか?
私は結構この辺りも行くんですよ~自転車で。ついでにトリトンで一休みです。
それから、ビッグサイトの帰りなんかは、会社の人ともんじゃを食べに寄ります。
そして、橋を渡って海洋大学の前をとおり門前仲町まで歩きます。
隅田川界隈は結構散歩できる所が多くて、気持ち良いですよねこの季節。
一枚目の色合いが何とも面白い効果を出しますね。
ホワイトバランスに囚われている人なんかは、受け入れられないのかもしれないですが
私は好きですよ、こういう写真。
今日は流石に自転車こぎっぱなしで夕方から眠ってしまいました。
体が痛いです。
2015.05.02 00:29 | URL | #- [edit]
un giorno says...""
sacra-fragola さん
こんにちは。
この辺りは全く土地勘もなく、全てが新鮮でした。
隅田川!小学校で習った(墨田川)のアルトパートを頭の中で唄ってしまいます。それから祖父が経験した大震災。皆で飛び込んだという話しをいつも聞かされていたので、よくぞここまで復興したものだ、と時の流れに思いを馳せて橋の上から眺めました。
上3枚は広角レンズをお借りして撮ってみました。
筋肉痛? その日に痛くなるとはお若い証拠^^。

2015.05.02 11:19 | URL | #gOAUqTh. [edit]
Desire says...""
こんばんは
ん?また次のレンズのターゲットを決めましたか?
私も1枚目のCCDならではのコクのある色はいいです
3枚目なんかもCCDらしい感じだと思います
NとかCじゃこの感じ出ませんからね
2015.05.02 20:55 | URL | #Y2kgqtPU [edit]
un giorno says...""
Desire さん
こんばんは。
はい。でもそれより先に、この一年のテーマをどうしようかと考えているところです。
色の傾向に関してはですね〜、あの・・違いがまだ分っていないのです。
何しろ撮り比べをしたことがないものですから・・・・。
たまたま好きな色合いに写った、とか、この赤はこの天気だとこうなる?とか、
偶然を重ねているだけのお粗末なレベルであります・・。
そうそう、モニターもどうにかしないといけませんね。ふ〜っ。
2015.05.03 01:11 | URL | #gOAUqTh. [edit]
ひびき says...""
やばい!こんな時間にもんじゃが無性に食べたくなってきた!!。。。責任とってください(笑)
un giorno さんの写真は優しい目線だから暖かい色合いもありだと思いますよ~♪彩度落としてすこ~しセピア入れるとか^^私には絶対向かない写真ですけどね(笑)
2015.05.04 22:59 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.05.04 23:39 | | # [edit]
un giorno says...""
ひびきさん
もんじゃ焼きを食べた事がないのですが、美味しいですか?
お好み焼きを初めて食べたのは高校生の時、修学旅行で関西へ行った時です。
どうしたらいいのか分らず、隣の席の人達を真似て作ってみましたが、
どこが美味しいのか理解できませんでした。料理の出来ない仲間で焼いたからですね。だけどその後の旅行で、瀬戸内海の小さな島のお店のおばさんに作って貰ったお好み焼きの美味しかった事!だから初もんじゅでは、店を選びたいと思います。・・と長ったらしい返事になりました。

セピア色ですね!いいアドヴァイスをありがとうございました!!!
(この一行が一番言いたかったことです。^^)
2015.05.05 18:14 | URL | #gOAUqTh. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://poconoie.blog.fc2.com/tb.php/219-18bc6ea0
該当の記事は見つかりませんでした。