il mio blog |

MILANO

明日、高橋俊充さんの写真展へ行きます。ホームページを拝見していたら、私が一眼を買ってすぐ一週間後位に、キットの標準ズームレンズを付けて撮ってきたミラノの大聖堂の一枚とそっくりの作品を見つけました。何しろ、操作もよく分からず、勿論構図についても、また四隅を確認してシャッターボタンを押す、なんていう知識も無い時でした。
そっくり、とはおこがましいです。本当は似て非なるものとは、このことか、と納得しました。

IMGP1340.jpg

IMGP1205.jpg

IMGP1320.jpg

IMGP1354.jpg

Category : 旅行
Posted by un giorno on  | 16 comments  0 trackback

16 Comments

バジリコ says...""
un giornoさんのお写真も素敵ですが^^
写真展、楽しんできてください。
やっぱり写真展で見ると、感動が何倍もありますよね。
2014.10.01 22:55 | URL | #- [edit]
un giorno says...""
バジリコさん、
今撮りに行っても余り変わりがないかも、などと思いました。
それから、私は最初からあおり写真が多かった、と気がついて苦笑です。
2014.10.01 23:37 | URL | #gOAUqTh. [edit]
sacra-fragola says...""
こんばんは。
写真展楽しみですね。
今回は都会の真ん中ではなく・・・モノレールで到着すると、目の前にボロ屋が・・・いや失礼
昔からの日本の家屋があり、そこの1階がリノベーションされて、非常に物静かな環境です。
明日は平日ということもあり、きっと更に静かな空間で鑑賞できる事でしょう。

un giornoさんのお写真も十分に魅力的ですよ。
そして更にLeicaで撮ると・・・これが本当に同じ場所?同じアングルかと思うほど劇的に
写真が変わります。
それでは、楽しんで来てくださいね。
2014.10.02 00:45 | URL | #- [edit]
ギズモ says..."こんばんわ"
わぁ ミランですね!
un giornoさんは最後の晩餐見ましたか?わたしはまだ見れてないんです…
一度は見てみたいです。
あぁ 見てたら行きたくなった~

高橋俊充さん知らなかったです。調べてきまーす!
美術館は行ったりしますが、実は写真展はまだ行った事がありません…
近所であったら行ってみます!


2014.10.02 18:18 | URL | #EK7lb/X2 [edit]
un giorno says...""
sacra-fragola さん、
行ってきました。ぶらぶらと片瀬江ノ島から観光気分で。
学生の時以来で、(ねえねえ、私が泳いだきったなかった海岸はどれ?)(そんなの知らないけどあそこじゃないの?)などと浦島太郎状態でした。
さて写真展ですが、私はやっぱりmercatoのが一番好きでした。それとortegia島の向こうへ歩いている初老の男性の後ろ姿のも。プリントがとにかく綺麗ですね。
ギャラリーに氏がおいでになる時に行くべきでした。それだけが悔やまれます。
それでもsacraさんのお陰で刺激をたくさん受けてきました。ありがとうございました!
2014.10.02 19:34 | URL | #gOAUqTh. [edit]
un giorno says...""
ギズモさん、
私も存じ上げていなかったのですが、今回はシチリアを撮られた写真展、という事でしたので楽しみでした。(・・・急にシチリア料理が食べたくなりました^^。)

西洋絵画はキリスト教や歴史に精通していないので、観賞するのがしんどい時がありますが、
最後の晩餐は勿論観てきましたよ。
予約を試みたのですが取れなかったので、半日コースの観光ツアーに入りました。
2014.10.02 20:30 | URL | #gOAUqTh. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.02 20:51 | | # [edit]
Totchang says..."たいしたもんです"
テクニックはなくとも、見る目はあったということですよね。
私には被写体を見出す目がないので羨ましい限りです。
2014.10.02 22:16 | URL | #Gw1uaY8E [edit]
Desire says...""
イイじゃないですか!
ステキなミラノの雰囲気が伝わります
TAKAHASHIさんの写真展素晴らしかっただろうなぁと羨ましいです
私は行けないので写真集が来るのを待っています(^^)
いつ来るんだろう???
最後の1枚は確かにそっくりですね(^_-)
2014.10.02 22:19 | URL | #Y2kgqtPU [edit]
un giorno says...""
Tochang さん、
ヨーロッパは私達にとっては全てが被写体になりますから〜^^。
行った事はありませんが、NYでは佐藤先生のようなわけにはいかないでしょうね。
それよりも、今行っても同じようにしか撮れないかも・・成長していなかったら悲しいです。
2014.10.02 22:38 | URL | #gOAUqTh. [edit]
un giorno says...""
Desire さん、
写真展へ行ってきました!
垢抜けていて、それでいてすっと流れるのではなく、写っている人たちが映画の主人公のように色々と想像させられる作品ばかりでした。
最後のは、ネ、同じ場所からですね。ただ肝心の空が私のは狭い、無い^^。
実は自慢したい別の一枚があるのです。それは超ハンサムな警官がポーズをとってくれた写真なのですが、
まさか当時ブログをするだなんて考えてもいなかったので、載せてもいいか、などと聞いてもいないのです。残念!
2014.10.02 22:52 | URL | #gOAUqTh. [edit]
ひびき says...""
行きましたか~☆それは羨ましい!人気の写真展だなぁ(笑)沢山の写真を見て沢山刺激を受けて沢山撮って下さい♪よくカメラマンが『感性は育てるもの』と言いますが俺は『感性はそこにあるもの』だと思います。だってひとそれぞれ育ってきた環境が違うわけだから生きてきて【好き、イイナ!】て思うものは違うわけでそれを曲げることは出来ないわけでしょ?…俺の場合は黒に反応しすぎですが(笑)
初めての場所でシャッターをきる、臆病な俺には真似出来ません。半径5キロ以内しか撮らないですから(笑)
2014.10.03 00:07 | URL | #- [edit]
un giorno says...""
ひびきさん、
sacra さんのお陰です。

感性、う〜ン、私は感性より理性が欲しい〜!知性も忍耐力も体力も〜〜!それから勇気も!!!

この旅行の時は、JALの直行便がなくなっていたので、乗り換えがちゃんと出来るか、とか夜中の到着だけど飛行場にタクシーがいなかったらどうしよう?とか、、旅慣れていないので、そっちの方が心配でした。

私の場合は知らない場所の方が全てが物珍しくって写真に収めたくなるかも。でも声を掛けて写真を撮らせてもらうのは出来るのですが、カフェでお茶を飲んでいる人、とか、向こうを歩いている素敵な人とか、そういうスナップはまだまだ無理で、憧れます。
そんなシーンの多かった高橋さんの写真は素敵でした。


2014.10.03 22:44 | URL | #gOAUqTh. [edit]
un giorno says...""
鍵コメさん、

感謝です。ありがとうございました。
2014.10.03 22:48 | URL | #gOAUqTh. [edit]
にゃんこ says...""
un giorno さんのこの記事を読んで
高橋俊充さんのHPに飛んでみました。
素敵素敵~!!
私もさっそく写真展へ!・・・って思ったら明日までなんてすね。
明日は都内で用事があるので無理っぽいです(涙)
次回はぜひ出かけてみたいと思います^^
素敵な情報ありがとうございました♪

最後になりましたが、
この構図を一眼レフを買ってすぐに撮ったというのは
驚きです!!
もしかして絵画かデザインの達人でいらっしゃるとか?!
2014.10.04 15:25 | URL | #VBkRmpN2 [edit]
un giorno says...""
にゃんこちゃま
うひッ、美術の授業は中学までです。
ダイビングをしていた頃、”気になった魚を写真に撮れば?" と勧められ、大掛かりな仕掛け(防水用のケースやライティング)で美しい写真を撮っているダイバーのカメラは一眼だ、と知り、いつかは私も!と意気込んで買いました。そこでまずは地上で練習をしようと、怖いもの知らずで手にしたばかりカメラをぶら下げ、ビジネスクラスをマイルでゲットしてミラノへ行って来た訳です。(その後ダイビングは、ほんの少し海で怖い思いをしたり、介護が始まったりして遠ざかっていますが、落ち着いたら再開して水中写真を撮りたいと思っています。)
色々な分野の写真があるのですね。最近、ブログを通じ、ライカをお持ちの方達の写真を観せて頂くようになりスナップ写真に憧れているところです^^。それに主婦としての日常の写真も記録として撮ってみたいです。
2014.10.04 19:30 | URL | #gOAUqTh. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://poconoie.blog.fc2.com/tb.php/116-dbf39fc4
該当の記事は見つかりませんでした。